【オークスを占う】サトノレイナス不在でソダシ1強ムード、距離に若干の不安

[ 2021年5月3日 05:30 ]

◇オークスの主な有力馬◇
Photo By スポニチ

 桜花賞で首差2着のサトノレイナスがダービーに向かうため、無敗で桜花賞を制したソダシの1強ムード。ただ、産駒に芝中距離実績馬が少ないクロフネ産駒だけに、2400メートルへの距離延長に若干の不安。タガノパッションの母の父シンボリクリスエスはスタミナ豊富な血統。距離が延びた方がさらに良さが出そうで、打倒ソダシの有力候補に名乗りを上げた格好だ。

 フローラSを制したクールキャットも母の父がダンスインザダークで距離延長は歓迎。桜花賞4着のアカイトリノムスメは母がオークス馬アパパネ。こちらも距離延長はプラスだ。

続きを表示

この記事のフォト

「エプソムC」特集記事

「函館スプリントS」特集記事

2021年5月3日のニュース