×

【皐月賞】ダノンザキッドまさか15着 川田「能力を出せずに終わってしまった」

[ 2021年4月19日 05:30 ]

<皐月賞>15着に終わり引き上げる川田騎乗のダノンザキッド (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 まさかの大敗。1番人気に支持されたダノンザキッドはブービー15着。勝ち馬と同じ青帽4枠から好スタート。道中は好位、勝ち馬の前で進める形になった。3角で並びかけられると、先に仕掛けたが、川田がいくら手綱を押し込んでも反応しない。直線を待たずして失速。馬群のはるか後方へと沈んだ。「返し馬の感じが抜群で自信を持ってレースに臨みましたが、能力を出せずに終わってしまいました」。川田は感情を押し殺し言葉を絞り出した。

 不可解な敗戦に安田隆師も言葉少な。「道中はいい感じで運んでいたが、4角で手応えが怪しくなった。敗因が分からない」と首をかしげた。無敗でG1ホープフルSを制し、一度は世代王座を勝ち取った素質馬。このままでは終われない。川田、安田隆師共に「ダービーに向けて、もう一度やり直したい」と口をそろえた。再戦まで1カ月。どう立て直すのかに注目だ。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2021年4月19日のニュース