×

【皐月賞】戦い終えて

[ 2021年4月19日 05:30 ]

 ▼4着アドマイヤハダル(ルメール)坂を登ったところで苦しくなったが、凄くいい競馬をしてくれた。まだ背中が緩くこれからの馬。

 ▼5着ヨーホーレイク(岩田望)4角で狭いところを突く形になったが、根性を見せて最後まで脚が上がらず頑張った。

 ▼6着グラティアス(M・デムーロ)ペースが流れて仕掛けながらの追走で脚がたまらず。外枠も厳しかった。

 ▼7着ディープモンスター(戸崎)外を回ってしまった分、前残りの流れで厳しくなった。バネのあるフットワークで、まだまだ良くなりそう。

 ▼8着レッドベルオーブ(福永)スタートが速くなく後手に回った。動いていったが道中でエキサイトしたのが最後にこたえた。

 ▼9着ヴィクティファルス(池添)スタートが決まって折り合いもついたが、3角で手が動く形に。もう少し伸びると思ったが…。

 ▼10着イルーシヴパンサー(大野)リズム良く走れたが馬場に泣かされた。いい経験になった。

 ▼11着シュヴァリエローズ(三浦)終始ノメりながらの競馬。バテてはいないが走りづらそうだった。

 ▼12着ワールドリバイバル(菱田)相手にかかわらず、この馬の競馬はできた。まだ良くなると思う。

 ▼13着ラーゴム(北村友)調教では大丈夫だったが、レースで難しい面を出した。手応えが早くなくなりスイッチが入らぬまま終わった。

 ▼14着ルーパステソーロ(木幡巧)現状の力は出し切っている。自己条件ならもっとやれる。

 ▼16着アサマノイタズラ(嶋田)スタートが遅かったので、二の脚で出していった。3角で右に張ってしまい、早めに動いた分で苦しくなった。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2021年4月19日のニュース