JRA史上初の女性騎手ワンツー 菜七子V「新鮮」 まなみ2着「憧れの先輩…勝ちたかった」

[ 2021年4月10日 13:30 ]

藤田菜七子
Photo By スポニチ

 10日の新潟7R・4歳上1勝クラスで藤田菜七子騎手(23)騎乗の2番人気オパールシャルム(牝4=武藤)が優勝。

 今年デビューの永島まなみ(18)騎手騎乗の4番人気ランランウイング(牝5=今野)が2着に入り、JRA史上初の女性騎手によるワンツーとなった。

 1着・藤田「逃げたいと思って行く気で出しました。理想通りのレース。私がデビューしてから(他に現役の)女性ジョッキーがいなかったので一緒に乗っているのは新鮮。これからはこういうことが珍しいことではなくて、当たり前になって行くと思います」

 2着・永島「逃げようとしましたが、藤田さんの方が速かった。憧れの先輩と乗れるのがうれしいですけど、勝ちたかったですね。悔しいです」

続きを表示

「2021 ヴィクトリアM」特集記事

「京王杯SC」特集記事

2021年4月10日のニュース