【ジャパンC】ワールドプレミア、良化に武も手応え「期待している馬なので楽しみ」

[ 2020年11月26日 05:30 ]

武豊騎手を背に坂路で単走で追い切るワールドプレミア
Photo By 提供写真

 昨年有馬記念(3着)以来となるワールドプレミアは坂路単走で4F55秒8~1F12秒9をマークした。

 2週続けてまたがった武豊は「先週ビッシリやったのでハードじゃなくていい。先週より動き、息遣いは良かった。きっちり間に合った感じ」と納得。「東京は初めてだけど器用なタイプじゃないし、広いコースは合いそうなイメージ。上半期は脚元の状態で棒に振ったけど、これから期待している馬なので楽しみ」と続けた。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2020年11月26日のニュース