【ジャパンC】ユーキャンスマイル、使った上積み期待 友道師「ベストの舞台」

[ 2020年11月26日 05:30 ]

坂路で軽めに追い切られたユーキャンスマイル
Photo By 提供写真

 ユーキャンスマイルはソフトな仕上げで大一番に臨む。最終追いの坂路は4F57秒9~1F13秒5と極めて遅いが、日曜(22日)にCWコースで消化した意欲的な3頭併せを含めれば乗り込みは問題ない。友道師は「若干、時計が遅くなったけど間隔が詰まっているので、これでいい。使った上積みは見込める」と満足げ。

 前走アルゼンチン共和国杯は1番人気を裏切る結果(4着)に終わったが「久々とトップハンデ(58キロ)もあった。左回りはいいし、ベストの舞台だと思います」と力を込めた。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年11月26日のニュース