【ジャパンC】アーモンドアイ・コントレイル・デアリングタクトの調教に「GoPro」

[ 2020年11月26日 05:30 ]

アーモンドアイの馬場到着を「Gopro」を付けて待つルメール(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ジャパンCの3強、アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトの調教には最新の映像技術が用いられている。3頭の騎乗者のヘルメットには「GoPro(ゴープロ)」と呼ばれる小型カメラ。

 超広角レンズで間近から馬の細かい動きを写せるため、調教チェックに欠かせない。「アーモンドアイの追い切りが終わってから国枝厩舎で見せてもらっている。細かい動きまで分かってコンディションを把握しやすい」と語るのがルメール。ヘルメットカメラは国枝師の提案で同馬が昨年ドバイに遠征した時に初使用。JRAの許可を得て安田記念の追い切りに続きJCでは3頭に使用した。番組制作会社サンライズプロが管理するこの映像は26日、JRA公式サイトなどで配信される。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年11月26日のニュース