【伊勢崎・オートレースGP】岩見 マシン状態アップ!ベスト32入りへ望みつなぐ2着

[ 2020年8月13日 05:30 ]

<伊勢崎>準決勝戦進出を狙う岩見貴史
Photo By スポニチ

 岩見が執念の突っ込みで望みをつないだ。2着条件の2日目1R「二次予選C」は10Mオープンの8枠からまさかの8番手スタート。残り1周で4番手と万事休すかと思われた。好プレーは最終周回3角。山浦、鐘ケ江、松山の空いたインを見逃さず、捨て身のアタックを敢行した。4角で流れて山浦には差し返されたものの、鐘ケ江との2着同着でゴールした。枠番の差で予選をクリアして「スタートは(肝が)冷えましたね。でも勝ち残れて良かった」とホッとした表情を浮かべた。「初日は後半でタレたのでそこに気を付けて調整。中間速が良くて進む感じがある」とマシンの状態はアップ。心配なのはスタートだが「練習では切れているので大丈夫」。気迫でベスト32入りを果たす。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年8月13日のニュース