【小倉記念】サトノルークス 上がり重点12秒5「追い切り後の息の入りも良かった」

[ 2020年8月13日 05:30 ]

<小倉記念>坂路コースで追い切られたサトノルークス
Photo By 提供写真

 重賞初制覇を目指すサトノルークスは坂路で上がり重点。単走で4F54秒0~ラスト1F12秒5をマークした。兼武助手は「1度使って順調に調整できている。追い切り後の息の入りも良かった」と好感触を口にした。前走の鳴尾記念は骨折明けで8着に敗れたが叩き2走目で一変を狙う。「開幕週なので、ある程度の位置で運びたい」。前めで立ち回る競馬をイメージした。 小倉記念

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年8月13日のニュース