【宝塚記念】サートゥル 道悪に苦しみ4着「ラスト1ハロンは疲れてしまった」

[ 2020年6月29日 05:30 ]

<宝塚記念>1番人気も4着に終ったサートゥルナーリア(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 1番人気に支持されたサートゥルナーリアは4着に敗れた。スタートから位置を取れず、後方10番手。勝負どころでも馬なりで位置を上げていった勝ち馬に反応できない。直線もラスト1ハロンで脚色が鈍った。初めて経験する雨馬場以上に距離の壁が立ちふさがった。ルメールは「馬場も悪かったけど、ラスト1ハロンは疲れてしまった感じ。2000メートルがベストじゃないかな。神戸新聞杯はスローだったからね。2200メートルはギリギリだと思う」と敗因を口にする。角居師も「状態は悪くなかったと思います。馬場もあると思いますが、(父)ロードカナロアの血が出てきたのか。距離も長い感じでした」とコメント。今後に関しては明言しなかったが、秋は距離適性を考慮した路線が組まれることになりそうだ。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2020年6月29日のニュース