【阪神新馬戦】ダノンザキッド 楽々押し切りV!安田隆師「本番は頑張ってくれた」

[ 2020年6月29日 05:30 ]

<阪神5R・2歳新馬>直線で後続を突き放し勝利するダノンザキッド(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 阪神5R新馬戦(芝1800メートル)は2番人気ダノンザキッド(牡=安田隆、父ジャスタウェイ)が4番手の外から楽々と押し切った。「追い切りでは手前を替えないところがありましたけど、レースは楽な流れになって手前も替えてくれました。ギアを上げられたし、強かったと思います」と北村友。安田隆師は「本番はジョッキーがギアを入れてくれたし、頑張ってくれました。夏場は使いません」と見通しを語った。 レース結果

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年6月29日のニュース