×

【ユニコーンS】AI予想 ビューティー叩いて真価発揮

[ 2020年6月21日 05:30 ]

タガノビューティー
Photo By スポニチ

 3歳ダート路線の強豪がズラリ集結した東京11R・ユニコーンS。舞台となる東京ダート1600メートルで【1・1・1・0】の(13)タガノビューティーが指数86で◎となった。前走の青竜Sは3着止まりも、3カ月ぶりの実戦でポテンシャルの高さは示した形。休養明け2戦目の今回は能力を出し切る。

 指数83で2番手の(1)デュードヴァンが〇。当コースでは3戦3勝とあって当然有力候補となる。新馬戦、ヒヤシンスSと2戦2勝の(16)カフェファラオが▲。指数は78止まりだが、2戦とも大楽勝だっただけに軽視禁物。直近2レースを連勝してきた(10)サトノラファール(指数75)が☆。東京での勝ち星がないことで4番手止まりだが、上位に食い込む可能性も十分ある

 本日の厳選「ワイド1点勝負」は全馬がデビュー2戦目となる東京1R。◎(9)ノットイェット(指数94)と◯(3)プルスウルトラ(同86)が高数値を計測した。

≪ユニコーンSの指数≫
(1)デュードヴァン83点
(2)マカオンブラン18点
(3)ラブリーエンジェル38点
(4)アポロアベリア25点
(5)レッチェバロック49点
(6)ケンシンコウ41点
(7)サンライズホープ71点
(8)オーロラテソーロ49点
(9)メイショウベンガル33点
(10)サトノラファール75点
(11)サンダーブリッツ37点
(12)キッズアガチャー33点
(13)タガノビューティー86点
(14)フルフラット24点
(15)キタノオクトパス62点
(16)カフェファラオ78点


 【SIVA(シヴァ)予想】◎(13)タガノビューティー、○(1)デュードヴァン、▲(16)カフェファラオ、☆(10)サトノラファール、△(7)サンライズホープ、(8)オーロラテソーロ、(15)キタノオクトパス

 ◆SIVA(シヴァ) スポニチがGAUSS(ガウス)社と共同開発した競馬予測AI。PCウェブ版とスマホアプリ版があり、毎週末に新馬・障害を除く全レース予想を公開中。名称は競馬場の芝とヒンズー教で創造のための破壊をつかさどるシヴァ神に由来。過去のレースデータから算出する指数(100点満点)を基に予想する。 

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2020年6月21日のニュース