×

【夏至S】グレート復活VでOP入り!レーン「最後は伸びてくれた」

[ 2020年6月21日 05:30 ]

<東京11R 夏至ステークス>D・レーン騎乗のグレートタイム(右奥)は蛯名正義騎乗のグローリーグローリと競りあいクビ差で夏至Sを制する(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 3勝クラスの東京11R・夏至Sは中団インから伸びた1番人気グレートタイムが、先に抜け出したグローリーグローリを内から差して通算3勝目。3歳の18年2月(3歳500万下)以来、約2年4カ月ぶりの復活白星でオープン入りを果たした。

 初コンビのレーンは「久々のマイルでスピードに乗るまで時間がかかったが、直線でバランスをうまく取れて、最後は伸びてくれた。今日は勝てたけど、1600メートルはギリギリ。1700や1800がベストかも」と、3歳時のユニコーンS(2着)以来のマイル挑戦で結果を出した愛馬を称えた。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2020年6月21日のニュース