【オークス】ピースフル95点 「世界中の誰よりきっと」似ている父娘 黄金色に馬体染めて

[ 2020年5月19日 05:30 ]

鈴木康弘「達眼」馬体診断

<オークス>父譲りの馬体をしたホウオウピースフルには中山美穂「世界中の誰よりきっと」がぴったり
Photo By 代表撮影

 サラブレッドは血で走るといいますが、これほど似ている父子、兄妹も珍しい。ホウオウピースフルの気性が激しそうな横顔は“金色の暴君”と呼ばれた父オルフェーヴル譲り。刃の切っ先のように鋭く立てた耳、相手を射抜くような眼光、ふてぶてしく広げた鼻腔(びこう)…。“元祖・暴れん坊”ステイゴールド(祖父)からオルフェーヴル、そして3代目へ受け継がれる悍(かん)馬の系譜。ひと目で誰の娘か、孫娘か分かります。

 暴れん坊一家の3代目にふさわしい容貌。女親分がまとうきらびやかなミンクのコート代わりに、明るい栗毛の被毛が春の日差しを浴びて黄金色に輝いています。“金色の暴君”と同じ光沢を放つあたり、よほど体調がいいのでしょう。この親にしてこの子あり。横顔と共に毛ヅヤも誰の娘かを教えてくれます。世界中の誰よりきっと似ている父娘。

 ♪まぶしい季節が 黄金色に街を染めて 君の横顔 そっと包んでた…。

 春にちなんだ歌になぞらえれば、平成初期の大ヒット曲、中山美穂の「世界中の誰よりきっと」(作詞・上杉昇、中山美穂)。

 ♪世界中の誰よりきっと 胸に響く鼓動を…。

 暴れん坊一家の類いまれな勝負根性を胸に秘めた3代目ですが、その馬体は半兄ブラストワンピース(ハービンジャー産駒)によく似ている。トモ、肩、首…どの部位にも厚手の筋肉が付いています。男勝りのたくましい体つき。父系が闘志の塊なら、母系から受け継いだのは筋肉の塊です。背中、腹下に余裕があるつくりも兄と同じ。2400メートルにも対応できる中長距離体形です。

 ♪すずめの兄妹(きょうだい)が電線で 大きくなったら何になる…。

 昭和の末にヒットしたわらべ(高部知子、倉沢淳美、高橋真美のユニット)の「めだかの兄妹」(作詞・荒木とよひさ)。すずめの兄妹はタカになり、子猫の兄妹はトラになると歌いますが、馬の兄妹はそろってG1ホースになるか。血と共に気で走り、筋肉でも走るサラブレッドです。

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2020年5月19日のニュース