【ダービー卿CT】クルーガーが抜け出して快勝、4年ぶり重賞2勝目

[ 2020年4月4日 15:57 ]

<中山11R・ダービー卿CT>レースを制した石橋脩騎乗のクルーガー(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 古馬ハンデ重賞「第52回ダービー卿CT」(G3、芝1600メートル)は4日、中山競馬場で行われ、石橋騎乗の4番人気クルーガー(牡8=高野、父キングカメハメハ)が優勝、2016年のマイラーズC以来となる重賞2勝目を飾った。勝ちタイムは1分32秒8。

 レースは内枠からナインテイルズが先行し、ストーミーシー、クルーガー、トーラスジェミニが前に行き、ムーンクエイク、ペプチドバンブー、マイスタイル、ボンセルヴィーソが中団、プリモシーン、エメラルファイト、ケイアイノーテックは後方につけた。ナインテイルズは3コーナー過ぎで後退し、徐々に進出したクルーガーが最後の直線で抜け出して快勝した。

 2馬身差の2着にボンセルヴィーソ、さらに鼻差の3着にレイエンダが入った。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2020年4月4日のニュース