【ダービー卿CT】AI予想 断トツ指数プリモシーン連勝

[ 2020年4月4日 05:30 ]

 中山土曜メインのダービー卿CTは、前走の東京新聞杯でソツのない立ち回りを披露し、3つ目の重賞タイトルを獲得した(7)プリモシーンが大本命。指数92は2番手以下を大きく引き離してのトップ。鞍上のM・デムーロは前走で初コンビを組み、いきなりのV。前走の勢いそのままに、ここも連勝が期待できる。 ダービー卿CT

 昨年の同時期に遠征した豪G1クイーンエリザベスSで2着と好レースを見せた(4)クルーガー(指数77)が対抗。前走の東京新聞杯は5着止まりだったが、積極的なレースができれば上位食い込みが可能。昨秋の富士SでG1馬相手に2着と好走している(6)レイエンダが3番手となる。
 
 本日の「ワイド1点勝負」は阪神4R。◎の(13)ユピテルルークスが95、○の(6)アウサンガテが93と、2頭の能力指数が90オーバー。同舞台の前走で2着している両頭の一騎打ちが濃厚。

 ≪ダービー卿CTの指数≫
(1)ナインテイルズ8点
(2)ストーミーシー58点
(3)ジャンダルム68点
(4)クルーガー77点
(5)ボンセルヴィーソ34点
(6)レイエンダ73点
(7)プリモシーン92点
(8)トーラスジェミニ64点
(9)ブラックムーン29点
(10)ムーンクエイク27点
(11)ケイアイノーテック38点
(12)ペプチドバンブー61点
(13)エメラルファイト26点
(14)ドーヴァー27点
(15)カツジ63点
(16)マイスタイル55点


 【SIVA(シヴァ)予想】◎(7)プリモシーン、○(4)クルーガー、▲(6)レイエンダ、☆(3)ジャンダルム、△(8)トーラスジェミニ、(12)ペプチドバンブー、(15)カツジ

 ◆ SIVA(シヴァ) スポニチがGAUSS(ガウス)社と共同開発した競馬予測AI。PCウェブ版とスマホアプリ版があり、毎週末に新馬・障害を除く全レース予想を公開中。名称は競馬場の芝とヒンズー教で創造のための破壊をつかさどるシヴァ神に由来。過去のレースデータから算出する指数(100点満点)を基に予想する。

 ▼SIVA指数とは SIVAが過去のレースデータを基に算出する競走馬の評価数値。100点満点で数値が高いほど上位予想となる。◎、○などの予想印の根拠となっている。 

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2020年4月4日のニュース