キセキ、予定通り天皇賞・春目指す 23日に発走調教再審査

[ 2020年4月4日 05:30 ]

 3月22日の阪神大賞典で出遅れ、1番人気で7着に敗れたキセキ(牡6=角居)は当初の予定通り天皇賞・春(5月3日、京都)を目指すことが決まった。23日に発走調教再審査を受け、そこで合格すれば出走可能となる。角居師は「昨日(2日)坂路入りを再開。馬は元気なので天皇賞に向け、やっていくことになりました。前走後に1回ゲート練習で出したけど、その時は問題なかった。再審査でジョッキーに乗ってもらってどうか」と語った。鞍上は調整中。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2020年4月4日のニュース