【東京新馬戦】バルサミックムーン差し切り!後続を4馬身突き放す圧勝

[ 2020年2月10日 05:30 ]

<東京3R新馬戦>メイクデビュー東京を制した吉田豊騎乗のバルサミックムーン(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 東京3R新馬戦(ダート1600メートル)は7番人気のバルサミックムーン(牡=武藤、父タートルボウル)が中団から豪快に差し切った。後続を4馬身突き放す圧勝ぶり。手綱を取った吉田豊は「レースが上手だし、砂をかぶっても嫌がらなかった。直線で先頭に立ってからソラを使ったが、完勝です」と振り返った。「このまま順調に成長してほしい。テンションが高めだったので、これ以上は上がらないように」と語っていた。 レース結果

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2020年2月10日のニュース