【東京新聞杯】ガウディー3着 藤沢則師は人馬称える「一瞬勝ったかと」

[ 2020年2月10日 05:30 ]

 5番人気のクリノガウディーが3着。名手・横山典に導かれ、直線最内をスルスルと抜け出していったんは先頭に立ったが、最後は切れ味鋭い牝馬の前に屈した。管理する藤沢則師は「スタートがいい馬。ためるように指示したが、追い込みでは届かないとジョッキーが判断して、あのポジション(4番手)からになったんでしょう。一瞬、勝ったかと思ったんですが。いい内容でした」と人馬を褒め称えていた。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2020年2月10日のニュース