【シンザン記念】原田初重賞スルリ…プリンス惜しい2着 悔しさあらわ

[ 2020年1月12日 17:08 ]

クビ差でプリンスリターン(6)に勝利しシンザン記念を制したサンクテュエール(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 2番手追走のプリンスリターンはいったん先頭から押し切り態勢だったが、勝ち馬に首差かわされて2着。朝日杯FS(5着)に続いて力を示したが、重賞タイトルには手が届かなかった。

 原田は「荒れた馬場も苦にせず走ってくれて、言うことないレースができたんですが…。これで勝てないか…」と悔しさをあらわにした。加用師は「うまく乗ってくれたし、勝たせたかったけどな」とつぶやいて、付きっ切りで調教を付けた鞍上を思いやった。この後は放牧を挟み、一戦してNHKマイルC(5月10日、東京)に向かう予定。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年1月12日のニュース