【伊勢崎・G1シルクC】有吉調子上昇 “弾丸”スタートを発揮

[ 2020年1月12日 05:30 ]

決勝進出を狙う有吉辰也
Photo By スポニチ

 有吉が初日7着から巻き返し、ベスト32に名乗りを上げた。6枠の3日目5Rは20線先手から飛び出して4番手をキープ。外から栗原俊、川原をまくって、先頭の春本を追走した。逆転までは至らなかったが2着でゴールし「年末から上昇度が半端ないね」。低迷した昨年末のSSシリーズ戦(川口)でのパーツ交換が奏功し、2、3日目は鋭発から自分の展開に持ち込んだ。「良くない状態ならいい位置につけられないですからね。自分はスタート行っての選手なので」。11Rではサトマヤや圭一郎を出し抜く“弾丸”発揮はあるか!?

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年1月12日のニュース