メイショウショウブ 京都牝馬Sが本線、シルクロードSに向かうプランも

[ 2020年1月8日 14:12 ]

 京都金杯でまさかの16着に終わったメイショウショウブ(牝4=池添兼)の次走は京都牝馬S(2月22日、京都)が本線だが、シルクロードS(2月2日、京都)に向かう可能性もある。

 池添兼師は「外枠が影響したかもしれないが、それにしてもだらしなかった。マイルで実績があるから、距離が長いとも思えないんだけど…」と首を傾げていた。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年1月8日のニュース