【有馬記念】アーモンド ラストだけスッと加速「あとは無事に1週間過ごせるか」

[ 2019年12月16日 05:30 ]

<有馬記念>美浦トレセンで調整するアーモンドアイ(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 アーモンドアイは15日、美浦トレセンのウッドチップコースで調整。6F(1200メートル)から92秒2~75秒8~59秒5~43秒9~14秒5を計時。馬なりだがラストだけスッと加速して息を整えた。「No news is good news」(ニュースがないのがいいニュース)。国枝師がドバイでも披露した軽妙な英語トークで報道陣を和ませた。「高ぶることもなく体つきもいい。あとは無事に1週間過ごしてくれれば。勝ちっぷりとか、見ててほかにはないようなものがある馬。皆の“見たい”に値する」と語った。 有馬記念

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2019年12月16日のニュース