【有馬記念】過去最多入場人員は…あの伝説のラストラン

[ 2019年12月16日 09:18 ]

有馬トリビア(1)

1990年の有馬記念を制したオグリキャップ(左手前)
Photo By スポニチ

 Q 有馬記念当日の中山競馬場で、入場人員が最も多かった年は?

 A これはもうお分かりの方が多いかもしれません。芦毛の怪物オグリキャップが涙のラストランVを飾った第35回有馬記念(90年12月23日)の「17万7779人」です。これは中山競馬場の入場人員レコード。当日の馬券売り場は長蛇の列。スタート1時間前に買いに行こうものなら、スタンドに戻れないほどの大混雑でした。馬券を買うのを諦め、ゴール前から微動だにしなかったファンも多くいたとか。今年は現役最強馬アーモンドアイを筆頭にG1優勝馬11頭の豪華版。多くの入場者が詰めかけるのは間違いありません。ちなみにJRAの入場人員レコードは90年5月27日、第57回日本ダービー当日の東京競馬場の19万6517人。アイネスフウジンが逃げ切り、場内に「ナカノコール」がこだました歴史的な一日でした。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2019年12月16日のニュース