【天皇賞・秋】ワグネリアン 食欲落ちずにハードな調教に

[ 2019年10月23日 05:30 ]

逍遥馬道で運動するワグネリアン
Photo By スポニチ

 昨年のダービー馬ワグネリアンの出来がいいと評判だ。カイバおけがあっという間に空になるというから食欲の秋を地でいっている。大江助手は「以前はピリピリした面もあってカイバ食いもパリッとしなかった。それが古馬になって追い切り後もしっかり食べるようになった」。1週前はCWコースで強烈な負荷をかけた。食欲が落ちないからハードな調教に耐えられる。楽しみな一頭だ。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年10月23日のニュース