【秋華賞】(16)パッシングスルー うまく立ち回る

[ 2019年10月12日 05:30 ]

 紫苑Sを制したパッシングスルーは8枠16番。黒岩師は「あまり外枠は嫌だけど」と一瞬、表情を曇らせたが「いろいろな競馬場やいろいろな馬場を経験しているし、うまく立ち回れるのがこの馬の強み。コース形態を考えてその強みを生かしてくれれば」と前を向いた。今月3日に栗東入りして調整した効果は出ている。「体重も数字的にちょうどいいし、状態はいい」と万全の状態で臨む。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月12日のニュース