【新潟記念】向いている賢く従順な馬、気性面も重要

[ 2019年8月28日 05:30 ]

 【東西ドキュメント・美浦=27日】新潟巧者の見つけ方って?今夏、新潟競馬で痛い目に遭っている田井は馬券のヒントを求めて自転車を走らせた。向かったのは、新潟記念に新潟コース連対率100%の上がり馬カヴァルを送り込む勢司厩舎。「3連勝の内容がいいし、馬体の充実ぶりが結果につながっている。ハンデ54キロもありがたい」と勢司師は手応え十分だ。

 新潟といえば日本一長い直線がポイントだとイメージしがちだが、今回の舞台、芝外回り2000メートルの鍵はコーナー2つのワンターン競馬だと同師は語る。「普段の周回コースでの調教、たとえば5F(の調教)なら向正面からスピードに乗って直線で加速する。調教のことを覚えていて、調教とレースを重ねる馬は“普段通り”のワンターンの方がスムーズに競馬ができる。ある意味、賢くて従順な馬は新潟外回りに向く」。瞬発力の有無にばかり目が行くが、気性面も重要!馬券検討の引き出しが1つ増えた。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2019年8月28日のニュース