【とこなめ・オーシャンC】柳沢 SGV→準V、地元盛り上げた

[ 2019年7月16日 05:30 ]

オーシャンC優勝戦 1周目2マークをトップで回る瓜生(手前)
Photo By スポニチ

 地元の柳沢が2着に食い込んだ。5コースからコンマ11のトップタイスタートを決め、1Mはまくり差し。池田と興津の間を華麗に突き抜けた。先マイで先行する瓜生にも届きそうな勢いだったが、わずかに及ばなかった。「スタートは全速で行けたし1Mは最高のターンができた。地元を盛り上げることができて良かった」。6月のグラチャンに続くSG連覇は達成できなかったが見せ場十分の走りに胸を張った。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「札幌記念」特集記事

2019年7月16日のニュース