【名古屋】気合入る久米「課題をつぶしていきたい」

[ 2019年7月16日 05:30 ]

 久米は小松島記念決勝で太田竜馬の番手回り。道中で山田英明に絡まれながらもしっかり付け切り、ゴール前は簗田一輝に中を割られながらも3着粘り込み。競輪祭チケットをゲットした。「番手回りのチャンスをもらえたことは本当にありがたい。でも勝ち上がりで課題がたくさん見つかったことも事実。それを一つずつ、つぶしていきたい」。もちろん本職はライン先頭での自力戦。初日9Rは佐藤との二分戦だ。「他地区の選手(上野)が4番手に付いてくれることはなかなかない。いつも以上に頑張る」と気合を入れた。

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2019年7月16日のニュース