【芦屋・G2MB大賞】若手がレジェンドに挑戦!

[ 2019年7月11日 05:30 ]

レースをPRする宮瀬七海(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 ボートレース芦屋で行われる「G2モーターボート大賞 次世代スターチャレンジバトル」(16~21日)のPR隊が10日、東京・越中島のスポーツニッポン新聞社を訪れた。

 「記念級(レジェンド)×ワカゾウ(ルーキー)」がキャッチフレーズ。初日のバトルドリームには辻栄蔵、純地元で当地7Vの松田大志郎、地元の大山千広らが、2日目には地元の小野生奈やレジェンド・今村豊、守屋美穂らが登場し、熱い戦いが期待される。

 20日にはSKE48のライブステージ、21日にはメイプル超合金のお笑いライブなどイベントも充実。キャンペーンレディーの宮瀬七海は「人気、実力を兼ね備える大山選手がイチ推しです。豪華な景品が当たる電話投票キャンペーンもチェックしていただけたら」とほほ笑んだ。芦屋町競艇事業局の浮田光二企画課長は「売り上げ目標は35億円です」と力を込めた。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2019年7月11日のニュース