【小松島・開設記念】太田 圧倒パーフェクトV!賞金7位に浮上

[ 2019年7月8日 05:30 ]

阿波踊りの祝福を受け、トロフィーを手にする太田(中央)
Photo By スポニチ

 太田竜馬(109期)が打鐘3角カマシを決めてV。今年2月の高松記念以来通算2回目、地元では初の記念優勝をパーフェクトで飾った。

 レースは山崎―和田―太田―久米―小倉―山田―南―渡辺―簗田で周回。南―渡辺―簗田が赤板すぎから山崎―和田を抑えて先行態勢。4番手は山崎、6番手は山田。7番手の太田―久米―小倉が打鐘3角からすかさず巻き返しを図ると、必死に抵抗する南を2角すぎで捉える。簗田が切り替えて徳島勢後位へ。最後まで力強く踏み切った太田が後続を振り切って1着。4番手から久米の内を伸びた簗田が2着に入った。

 徳島勢としては05年小川圭二以来14年ぶりの地元記念V。慣れ親しんだ地元バンクで3度宙に舞った。

 「めちゃくちゃ緊張しました。南君が強いのでいっぱいいっぱいでした。1着の感じはしなくて、帰ってきて先輩におめでとうと言われて1着と分かりました」

 言葉は力強くなくても、4日間のレース内容は圧倒的だった。誰が相手でも強烈なダッシュ力で先頭に立った。自身も認める過去最高の仕上がりで、獲るべくして獲った。

 これで賞金ランキングは7位に上昇。獲得賞金でのグランプリ出場も狙える位置になった。

 「グランプリは自分には全然まだまだです。似合うようになるためには全体的に力を付けないと」

 昨年のヤンググランプリ制覇から勢いは衰え知らず。G1のタイトルは手の届くところまで来ている。ドラゴンが年末へ向けて空を駆け上がる。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2019年7月8日のニュース