【函館SS】タワーオブロンドン 洋芝合っている感じ

[ 2019年6月11日 05:30 ]

函館スプリントSに出走するタワーオブロンドン
Photo By スポニチ

 タワーオブロンドンは距離適性から安田記念を回避、6F重賞に備えてきた。「この距離は一度使いたいと思っていた。函館の洋芝も合っている感じがするし、58キロの重量も実績を考えればやむを得ない」と藤沢和師は重賞3勝馬に信頼を寄せる。「今回の結果でこの先を考えたいが、距離適性を見せればスプリンターズSを目指すことになる」と語っていた。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年6月11日のニュース