【万哲の乱 特別編】31日中山11R ショウナンアエラの底力を再評価

[ 2019年3月31日 08:00 ]

 中山11R・船橋Sは◎ショウナンアエラをもう一度推す。前走・アクアマリンS(10着)は直線で前をカットされた時点で既に脚色も怪しかったが、直線入り口までのスピードに復調の兆しはうかがえた。

 今回と同じ中山1200メートルで行われた昨年9月の初風特別(1着)は「1分7秒9」の好時計勝ち。芝コースは今週からBコース替わり1週目。先週までの内寄りの傷んだ部分が移動柵でだいぶカバーされ、よりスピード化した芝状態は歓迎材料。展開的にイサチルホープ、ブロワの逃げ争いなら?その後ろの3番手は結構いい位置。無論、他に誰も行かなければ、逃げるスピードはある。「逃げ馬が多い時こそ逃げ狙い」。穴狙いの鉄則でもある。

 《もうひと押し》阪神10R・御堂筋Sは◎ヴァントシルム。前走・サンシャインS(4着)は内枠が微妙に響き、勝負所で包まれて動けない展開。長距離戦の安定感は際立っている。

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2019年3月31日のニュース