【高松宮記念】ドンキ、前走よりさらに「いい状態」

[ 2019年3月19日 05:30 ]

 4年連続の高松宮記念出走となるレッツゴードンキ。8→2→2着と来ており、まさにあと一歩。15年桜花賞以来となるG1制覇を目指す。寺田助手は「いよいよ来年は…という感じだからね。このレースは(今年が)最後のつもりで仕上げたい」と意気込んだ。前哨戦・阪急杯は理想的な立ち回りから2着。「前走も仕上がっていたが使ったことで息ができた。さらにいい状態」。7歳牝馬がG1を勝てば16年ヴィクトリアマイルのストレイトガール以来の快挙だ。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2019年3月19日のニュース