東西で定年調教師8人ラストウィーク 小倉12R栗田博×菜七子コンビ注目

[ 2019年2月23日 05:30 ]

 23、24日の競馬をもって、東西で8人の調教師が定年引退する。引退週を白星で飾りたいのは、どの調教師も同じ。昨年は12人の調教師(勇退含む)がラストウイークを迎え、福島信晴師が阪急杯をダイアナヘイローで勝つなど、2日間で引退厩舎が6勝をマークした。今年も引退調教師の出走馬をチェックしておきたい。

 まず目がいくのは小倉12R(合馬特別)に大挙4頭出しをかける栗田博師。中でもバーミーブリーズはフェブラリーSで話題を独占した藤田菜七子とのコンビ。注目したくなる。

 中村師は中山8R(春麗ジャンプS)に障害転向後、2連勝中のトラストを送り込む。札幌2歳S(当時は川崎所属)を勝ち、ダービーにも出走(8着)した素材。3連勝を飾って師のラスト週に花を添えたい。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2019年2月23日のニュース