【AJC杯】フィエールマン無念2着 猛追も頭差及ばず

[ 2019年1月21日 05:30 ]

AJC杯を制したシャケトラ(左端)、2着のフィエールマン(中央)、3着のメートルダール(右)=撮影・郡司 修
Photo By スポニチ

 菊花賞馬フィエールマンは単勝1・7倍の圧倒的1番人気。中団から猛然と伸びたが、勝ち馬に頭差及ばず2着に敗れた。

 ルメールは無念さを隠し切れない様子。「勝った馬の後ろでうまくリラックスして完璧なレースができた。でも、ペースが遅くて前が止まらなかった」と振り返った。「休み明けだったし距離も短かったから仕方ない。次はもっと走れるはず」と自らに言い聞かせるように語った。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2019年1月21日のニュース