【根岸S】冬の東京開催開幕 ノヴァ自慢の末脚さく裂

[ 2019年1月21日 05:30 ]

 今週から冬の東京開催が開幕。日曜はダート重賞「第33回根岸S」がメイン。優勝馬にはフェブラリーS(2月17日、東京)の優先出走権が与えられる。主役は東京巧者サンライズノヴァ。東京ダートは重賞2勝を含めて6勝。昨年の根岸Sは2着だったが、自慢の末脚が生きる得意コースで上位争い必至だ。

 勢いなら3連勝中のコパノキッキング。前走カペラSは大外一気で重賞初V。末脚に磨きをかけた今なら初の東京もプラス。昨春NHKマイルC優勝馬ケイアイノーテックのダート初挑戦も注目の的。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2019年1月21日のニュース