【児島・キングC】14年覇者・川崎から金言「潮の高さが特徴」

[ 2018年9月22日 05:30 ]

「G1児島キングカップ」をPRする川崎智幸(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ボートレース児島で行われるG1キングカップ(25〜30日)のPR隊が21日、東京・越中島のスポーツニッポン新聞社を訪れた。遠征組は峰竜太、白井英治、今村豊、辻栄蔵、山崎智也、池田浩二、今垣光太郎、坪井康晴と超強力。これを吉田拡郎、平尾崇典ら精鋭7人の地元勢が迎え撃つ。14年の覇者・川崎智幸は「児島は潮の高さが特徴で、それによってレースの形が、いかようにも変わる。インが強かったり、弱くなったり。そのあたりを見極めてほしい」と舟券ファンに金言を提供。「スピードのあるレースを楽しんでほしい」と語った。今大会の売り上げ目標は45億円。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2018年9月22日のニュース