【愛知杯】ミスターX 成長を促進、上昇度に懸けるリカビトス

[ 2018年1月13日 05:30 ]

 中京11R・愛知杯はリカビトスだ。3連勝で挑んだ前走の秋華賞。一気の相手強化に加えて、発馬で後手に回るロスがあった。何より初経験だった重馬場が痛かった。10着に大敗したが、その後は放牧に出されて成長を促進。明け4歳の上昇度に懸けたい。

 波乱傾向の愛知杯は過去10年でハンデ51キロの馬がトップタイの2勝。共に条件戦しか勝ったことのない4歳馬が勝利しており、リカビトスとイメージは重なる。これまでもしっかりレース間隔を空けて使われており、休み明けに関する不安もなし。奥村武師は「ここのメンバーなら素質で通用しないか。心も体もリフレッシュしている」と好感触だ。高配当狙いならこの馬から勝負。馬単(4)から(2)(7)(8)(9)(13)(18)へ。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年1月13日のニュース