【天皇賞・春】ラブラドライト しまい12秒3「思った通り」

[ 2017年4月27日 05:30 ]

<天皇賞・春>単走で追い切られたラブラドライト
Photo By スポニチ

 万葉S、ダイヤモンドSと続けて2着のラブラドライトは放牧を挟んで参戦。1週前にCWコース併走で負荷をかけて、この日は単走で6F86秒9〜1F12秒3としまいを伸ばした。斉藤崇師は「稽古は動かないタイプだけど、思っていた通りにやれました。おそらく体は10キロくらい増えています。いい状態」と好調をアピール。「長丁場は得意。前々の競馬で、しぶとさを生かしたい」とイメージしていた。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2017年4月27日のニュース