NAR調教師・騎手試験合格発表 女性国内最多勝・小山が現役復帰

[ 2016年7月14日 05:30 ]

女性騎手国内最多勝記録を持つ小山瞳

 NARは13日、16年度第1回調教師・騎手免許試験合格者を発表。女性騎手国内最多勝記録(626勝)を持つ小山(旧姓宮下)瞳(39=名古屋、現厩務員)の現役復帰が決まった。3000勝ジョッキー安部幸夫(48=名古屋)、2000勝超の花本正三(53=笠松)、湯前良人(39=笠松)、西山裕貴(31=高知)の騎手4人が調教師に。兵庫の田村直也厩務員(31)も騎手に合格。免許交付はいずれも8月1日。

 元騎手の小山は95年にデビューし11年に引退。夫は名古屋の小山信行騎手で、引退後は母に。調教騎乗など昨年秋から本格的に復帰を目指していた。「ホッとしています。スタートラインに立てたので、これから騎手として頑張ります」と瞳。今年は中央で16年ぶりの女性騎手・藤田菜七子がデビュー。“なでしこジョッキー”が、さらに活気づきそうだ。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2016年7月14日のニュース