【安田記念】12番人気クラレント3着 橋口弘師「左回りの鬼やね」

[ 2015年6月8日 05:30 ]

 重賞6勝馬ながらも近走は不振が続いていたクラレントが、12番人気の低評価を覆して3着に食い込んだ。道中は5、6番手の外を追走。直線では力強く末脚を伸ばして、上位2頭に最後まで食い下がった。

 田辺は「スタートが良かったし、ペースも遅く、いいところでモーリスを見ながら行けた。G1で好走するにはベストのコース、馬場状態、展開だった」と会心の表情。橋口弘師も「4コーナーの手応えを見て、これは勝つかと思った。左回りの鬼やね。本当に別の馬のようだった」と、得意の東京で一変した愛馬を絶賛していた。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2015年6月8日のニュース