【宝塚記念】2馬身差圧勝!オルフェ復活Vで5冠達成

[ 2012年6月24日 16:00 ]

第53回宝塚記念で優勝したオルフェーヴル。奥は2着のルーラーシップ

 「第53回宝塚記念」(G1、芝内2200メートル・晴良16頭)は24日、阪神競馬場11Rで行われ、池添騎手騎乗の1番人気、オルフェーヴル(牡4=池江厩舎、父ステイゴールド、母オリエンタルアート)が馬群を割って差し切り、ルーラーシップに2馬身差をつけて優勝した。勝ち時計は2分10秒09。天皇賞・春の惨敗から、見事に復活優勝を遂げた。

 レースは大方の予想通りネコパンチがハナを切り、2番手にスマイルジャック、3番手にビートブラック、4番手外目にアーネストリー。内目にはルーラーシップ、ショウナンマイティとウインバリアシオンは後方から末脚にかけ、1番人気オルフェーヴルも揃ったスタートを切り、馬群の中を10番手辺りでレースを進めた。

 ネコパンチが2番手に3~4馬身差をつけて逃げる淡々とした流れの中、3角では早々とビートブラックとアーネストリーがマクリ気味に上がり、4角ではルーラーシップが先行集団を射程圏に捉え直線へ。直線に入ると好位内目を追走していたマウントシャスタが一気に内から抜け出し1馬身差をつけ押し切りをはかる。そこに外からルーラーシップとウインバリアシオンが、内からはオルフェーヴルとショウナンマイティが猛烈な追い込みを見せ、最後はオルフェーヴルが2着のルーラーシップに2馬身差をつけて圧勝した。

 ルーラーシップから1馬身1/4差の3着にはショウナンマイティが入った。

 池添騎手は今年、高松宮記念に続き2度目のG1制覇。オルフェーヴルは春秋グランプリ制覇&5冠馬になり、世界制覇も視野に入った。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2012年6月24日のニュース