松岡 “G1級美女”と来年2月結婚!

[ 2009年8月26日 06:00 ]

結婚することがわかった松岡正海(左)と杉浦美帆

 JRA(日本中央競馬会)の人気ジョッキーでスポニチ本紙にコラムを寄稿している松岡正海騎手(25=美浦・相沢厩舎所属)とタレントの杉浦美帆(25)が来年2月に結婚することが25日、分かった。2人は知人の紹介で1年ほど前に出会い、年齢が近く、杉浦が競馬が好きなこともあり、急接近。すでに親しい調教師に紹介しており、結婚の準備を進めている。

 トップジョッキーの仲間入りを果たした松岡騎手が秋競馬を前にG1級の女性を射止めた。お相手は、1学年上の色白美人の杉浦美帆。フジテレビ「スーパー競馬」のリポーターを務めていたこともある競馬通タレントと来年2月にゴールインすることになった。
 2人は1年ほど前に知人を通じて紹介された。競馬が好きで、年齢、デビューした年も近いことから急接近。愛をはぐくんできた。
 松岡騎手は2003年3月にデビュー。クレバーさとガッツある騎乗で着実に成績を残し、07年のコイウタでヴィクトリアマイルを勝ち、G1初制覇。今春の天皇賞では伏兵マイネルキッツを勝利に導いている。今年も着実に成績を挙げ、23日終了現在で68勝を挙げ、現在全国リーディング7位、関東では3位につけている。またバンド活動など多彩な才能を発揮、プライベートでは大の横浜ファンとしても知られ、ラジオ中継にゲスト出演したこともある。
 お相手の杉浦は、色白のほんわか美人。07年にはフジテレビの「スーパー競馬」にもリポーターとして出演。同番組の企画で、北海道むかわ町の西山牧場で競走馬の世話をし、現在は競馬専門紙に予想コラムを掲載している。すでに2人は松岡の師匠でもある相沢調教師をはじめ、関係者に結婚を報告済み。松岡から紹介されたある調教師は「明るくてまじめな人。競馬に対する造詣も深い」と話している。

 ▼松岡 正海(まつおか・まさみ)1984年(昭59)7月18日、神奈川県生まれの25歳。03年にJRA騎手デビュー。07年のヴィクトリアマイルでは歌手・前川清が所有する12番人気のコイウタでG1初制覇。今春の天皇賞も12番人気のマイネルキッツで制した。通算339勝(重賞13勝)。1メートル62、50キロ。血液型B。

 ▼杉浦 美帆(すぎうら・みほ)本名同じ。1983年(昭58)12月7日、愛知県生まれの25歳。01年にファッション誌「S Cawaii!」のオーディションでグランプリを受賞。翌02年から同誌の専属モデルに。07年1~9月にフジテレビ「スーパー競馬」のリポーターを務める。05年にTBSのドラマ「夜王」「花より男子」に出演。1メートル60。血液型AB。

続きを表示

「2021 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2009年8月26日のニュース