桂ざこばさん死去 古舘伊知郎、表裏のない人柄しのぶ「変わらないんですよね。本番も本番以外も」

[ 2024年6月12日 15:38 ]

桂ざこばさん
Photo By スポニチ

 落語家・桂ざこば=本名・関口弘=さんが喘息のため、12日午前3時14分、自宅で亡くなった。76歳。所属の米朝事務所が公表した。

 ざこばさんの訃報を受け、フリーアナウンサー古舘伊知郎(69)はこの日、コメンテーターとして生出演したTBS系「ゴゴスマ~GO GO!smile~」(月~金曜後1・55)で故人をしのんだ。

 印象に残っているのは、ざこばさんの表裏のない人への接し方だという。「僕の印象では、本当にざこばさんは変わらないんですよね。本番も本番以外も。生放送のコマーシャルの間も、楽屋でも。“大変や!これ。んでな?こないなってな…?”って」と振り返った。

 さらに「で、しゃべり終わった後にニコっと笑うんです。本当に優しい笑顔で、目に焼き付いていますけどね」と寂しげに語った。

 MCのフリーアナウンサー石井亮次が「言いたいことをおっしゃる。キレるところもある。でもそれが人間味で、かわいげ…年上の方に失礼ですけど。本当に素敵な方で」と話すと、古舘も「チャーミングなね」とうなずいていた。

 ざこばさんは1963年に、桂米朝に弟子入りして桂朝丸を名乗る。88年に二代目桂ざこばを襲名した。米朝事務所によると、お別れ会などは執り行う予定。ただ「自宅住所、葬儀会場、喪主等は非公表とさせていただく」としたうえでメディアの通夜・葬儀への取材についても自重を呼びかけている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月12日のニュース