90歳・黒柳徹子 「昨日の夜から北京に滞在しています」中国版“トットちゃん”大人気に「びっくり」

[ 2024年5月30日 16:40 ]

黒柳徹子のインスタグラム(@tetsukokuroyanagi)より

 女優の黒柳徹子(90)が30日、自身のインスタグラムを更新。近況について伝えた。

 黒柳は「中国の出版社さんのお招きで、昨日の夜から、北京に滞在しています」とコメント。著書にサインを入れる姿を披露した。

 そして「私が去年書いた『続窓ぎわのトットちゃん』は、日本でも五十万部を超えるベストセラーになりましたが、出版から8ヵ月足らずで、もう中国語版が発売になるという状況に、とてもびっくりしています」と驚がくした。

 「前作の『窓ぎわのトットちゃん』は、中国では1700万部を売りあげて、児童向け図書のなかでは、あの『ハリー・ポッター』シリーズよりも人気なんだそうです」と伝え、「子どもだけでなく学校の先生も読んでいるので、みなさんがそれぞれに好きなエピソードを持っていて、なかでも、私がお便所に財布を落としたエピソードが人気があるとか!」と続けた。

 「そんなことから私は、中国の子どもたちは、みんな好奇心が強くて、おもしろいことが好きなんだろうなと想像しています」とつづった。

 さらに「今回出版された中国語版『続窓ぎわのトットちゃん』のまえがきにも書いたのですが、私がこれまで中国で出会った人たちは、私のちょっとしたパフォーマンスにも、みなさん大笑いしてくださって、そのたびに、『中国の人たちは笑うことが好きなんだなあ』と思います」と打ち明けた。

 「日本のことを中国の子どもたちがどう思っているかまではわかりませんけど、少なくとも私の本を読んでくださったかたたちは、私に対して、興味を持ってくださってるようです」と推測。

 「『続窓ぎわのトットちゃん』を書いている途中にびっくりしたのは、子どものころも大人になってからも、ただただ失敗の繰り返しで、やっていることがほとんど変わってないなぁってことでした」と告白した。

 そして「もちろん成長している部分もあるんだろうとは思いますけど、基本的には人間って変わらないんだということに気がつきました(笑)」と明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月30日のニュース