写真集“爆売れ”のアンゴラ村長 第2弾のオファーが来たら?「そっちのイメージになり過ぎても…」

[ 2024年5月29日 12:40 ]

「お笑いコンビ」にゃんこスターのアンゴラ村長(右)とスーパー3助
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「にゃんこスター」が29日放送のTBSラジオ「パンサー向井の#ふらっと」(月~木曜前8・30)にゲスト出演。アンゴラ村長(30)が“爆売れ”写真集の第2弾について語った。

 今月17日に30歳の誕生日を迎えたことを機に、自身初となるデジタル写真集「151センチ、48キロ」を発表。電子書店のデジタル写真集部門で1位になるなど、大反響を呼んでいる。

 メーンパーソナリティのパンサー・向井慧から「写真集がこんだけ好評で、もし次、“第2作”って話がきたらどうですか?」と第2弾のオファーが来たらどうするか尋ねられた。

 アンゴラ村長は「なんか、やっぱりもう一個成してから、やりたいですね」ときっぱり。「やっぱり第2作とか、お話いただけるなら、ありがたいですけど、そっちのイメージになり過ぎても…。やっぱりキングオブコントとかネタでやりたいイメージがあるので」とまず、もう一度芸人としてきちんとネタで評価されてからと足元を見つめた。

 そして、「どういうふうに見られたいか、自分でもちょっとまだ分かってなくて、そこを整理したい」と今一度、どういう方向性で進むかもきちんと頭の中をクリアにしたいと語った。

 この回答に向井も「俯瞰でその時々を見てますね」と感心。「一時期、テレビにバーンって出て、良くも悪くも消費はされていくものだから、ちょっと冷静に写真集フィーバーにも消費されないコントロールの仕方をちゃんとしたいって思ってるのかもね」とアンゴラ村長の冷静なものの捉え方を評価していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月29日のニュース