神田愛花 驚きの44歳初夢告白「ハッピーな朝だったんです」 幸せを感じた夫・日村勇紀からの言葉

[ 2024年5月29日 12:41 ]

フリーアナウンサーの神田愛花
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの神田愛花(44)が29日、MCを務めるフジテレビ「ぽかぽか」(月~金曜前11・50)に出演。幸せを感じたという、夫でお笑いコンビ「バナナマン」の日村勇紀(52)からの言葉を明かした。

 MCの「ハライチ」澤部佑から「我らが神田愛花、今日、誕生日です」と紹介され、祝福された神田は「すみません、どうもありがとうございます」と感謝した。

 続けて「私ね、初夢見たんです。44歳の初夢!」と神田。「ちょっと汚い話になるから、嫌な方チャンネル変えていただいて」と笑いつつ、「お手洗いに行って、大をしたんです。スカートを履いたまましちゃって、立ったら鹿のフンみたいなものがコロコロと落ちてきたんです。“うわ~私、スカートの中にしちゃった!”って思って起きたんです」と初夢の内容を明かした。

 「そしたら、朝、5時なんですけど、夫が横に寝てまして、『24』を見てたんです、朝5時から」と神田。「夫に言ったんです、“こんなの見ちゃった、やだ~!”って。夫が“愛花は44歳になってもまた運がつけるんだな”って言ってくれて、ハッピーな朝だったんです!」と満面の笑み。「凄くない!?いい夢だったってことなんです。初夢がいい夢だったという。頑張ります!」と喜んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月29日のニュース