×

吉永小百合 感慨もひとしお 主演「北のカナリアたち」公開10周年イベントで“教え子”と再会

[ 2022年7月3日 08:00 ]

小学校分校のセットをバックに10年前と同じ並びで写真に収まる(左から)相良飛鷹、飯田汐音、菊池銀河、吉永小百合、小笠原弘晃、渡辺真帆、佐藤純美音

 女優の吉永小百合(77)が、2012年公開の主演映画「北のカナリアたち」の撮影が行われた北海道礼文島を訪れた。公開10周年を記念して2日に開催された「感謝の集い~島と映画とカナリアたちと~」に、阪本順治監督(63)や主要キャストの子供時代を演じた6人と一緒に出席したもので、思い出の島で“同窓会”を楽しんだ。

 ロケセットを保存し、13年にオープンした礼文町香深村の北のカナリアパーク。その屋外ステージで開かれたイベントには町民ら約300人が集結した。

 「こうしてパークという形で残していただけて役者冥利(みょうり)に尽きます」と語る吉永の喜びに拍車をかけたのが、森山未來(37)の子役時代を演じた小笠原弘晃(20)ら6人の“生徒”との礼文島入り。「年に一度は集まってきましたが、昨年はコロナ禍の影響で中止し…」と明かしながら、2年ぶり、しかもロケ場所での再会に感慨もひとしお。1日夜は海鮮バーベキューを楽しみながら「お酒も口にできる年齢になったんですよ」と成長に目を細めた。

 “6人のカナリアたち”は芸能活動を始めており、吉永は「私たちを使ってまた映画を作ってください」と阪本監督にリクエストした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年7月3日のニュース