×

滝沢カレン 「IPPON」で珍回答…神田愛花の凄さ「そういう空気を…大喜利の楽しさ気付かせてくれた」

[ 2022年6月28日 11:49 ]

滝沢カレン
Photo By スポニチ

 モデルでタレントの滝沢カレン(30)が29日までに自身のYouTubeチャンネルを更新。24日に放送されたフジテレビ「まっちゃんねる IPPON女子グランプリ」について語った。

 
 滝沢は松本人志が大会チェアマンを務める大喜利番組「IPPONグランプリ」の女性限定版の大会に「女性タレント版」で出場。渋谷凪咲、王林、神田愛花を制して勝利した。

 渋谷について「(回答する)速さとか。粋というか、かっこよい」。王林に関しては、ケンタウロスのお題に対する回答に触れて「ほんと凄くないですか。(自分では)思いつかない。悔しいというか、お見事」と絶賛し、続けて神田についても振り返った。

 神田といえば、予想外の珍回答を連発し、松本が思わずストップをかけた場面も。滝沢は「神田さんがめちゃめちゃ複雑な絵を一瞬で描いているのが凄くて。ピラミッドみたいな細かい絵をほんの2人ぐらい答えている間に書き上げていて、それは本当に面白かったです」と笑顔で述懐した。

 「それだけ描いているのに(一本が)獲れないっていうのも…」と茶目っ気たっぷりに話しつつ、そのおかげで「リラックスさせていただいた」と感謝も。さらに「柔らかく、面白さのある楽しい運動会のような。(大喜利が)こんなに楽しんだよっていうのをもう一回、試合中に気付かせてくれた」と続けた。

 他の回答者が「一本」を獲るたびに「ドキっとしていた」という。そんな緊張との闘いの中で、神田が複雑な絵を描いたり、お題に沿ってない答えをして松本を困惑させたことで「そういう(柔らかい)空気を作ってくださるから、本当に優しいい人だなって思ったし、すっごい助けられた」とあらためて回顧。「そうだよな、大喜利って本当に面白いもんなって考えさせてくれた」と神田の“功績”にあらためて感謝した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年6月28日のニュース